ニュース
2015年06月09日 13時56分 UPDATE

JASRAC、全国258施設に一斉に法的措置 BGM利用しながら著作権の手続きせず

BGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいないとして、JASRACは全国の171事業者・258施設に対し、民事調停を全国の簡易裁判所に申し立てた。

[ITmedia]

 BGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいないとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)は6月9日、全国の171事業者・258施設に対して同日、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。

 対象の施設は、繰り返しの催告にもかかわらず、手続きに応じなかった美容室、理容店、アパレル店、飲食店。JASRACの全国15支部が一斉に法的措置を行うのは初という。

 JASRACは2002年、BGMを流す施設の著作権管理を開始。当時はほとんどの施設が、音源を提供している事業者などが施設に代わってJASRACに著作権の手続きを行う「業務用BGM」を利用していたという。

 だがここ数年は、音源がPCやネットラジオ、携帯音楽プレーヤー、市販CDなどに多様化。これらの音源を利用する場合は施設ごとに個別に著作権の手続きが必要だが、手続きが行われていない施設が多くあるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -