ニュース
2015年06月10日 09時22分 UPDATE

「Windows 10」で「Xbox One」の無線コントローラーを使うアダプター、今秋発売へ

Microsoftの次期OS「Windows 10」で「Xbox One」用無線コントローラーを使えるようにするアダプターが今秋24.99ドルで発売される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月10日(現地時間)、ゲームコンソール「Xbox One」の無線コントローラーを次期OS「Windows 10」を搭載するPCやタブレットで使えるようにするアダプターを今秋発売すると発表した。米国での希望小売価格は24.99ドル。同日発表の新しい無線コントローラーとのバンドル版は79.95ドル。

 adabptor

 同社は、Windows 10ではXboxのゲームをプレイできる(Xbox Oneのゲームもストリーミングでプレイできるようになる)と発表している。このアダプターをWindows 10搭載端末のUSB 2.0あるいは3.0ポートに接続することで、例えばマルチプレイヤーのオンラインゲームをXbox Oneユーザーと楽しむことができる。

 新しい無線コントローラーは3.5ミリのステレオヘッドセットジャックを備え、単体での希望小売価格は59.99ドル。米国で7月に発売する予定だ。

 adaptor 2 新無線コントローラー(↑でさす部分にヘッドセットジャックがある)

 Microsoftは同日、1T(テラ)バイト容量のXbox Oneの発売も発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -