ニュース
2015年06月11日 16時56分 UPDATE

浅間山に火口周辺警報 噴火警戒レベル引き上げ

気象庁が浅間山に火口周辺警報を発表。小規模な噴火が発生する可能性があるとしています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 気象庁は11日、群馬県と長野県の県境付近にある浅間山に火口周辺警報を発表。噴火警戒レベルを1から2へ引き上げました。

photo

 以下の理由から火山活動が高まっていることが考えられます。

  • 4月下旬〜:火山性地震が多い状態続く

 4月下旬から山頂直下のごく浅いところを震源とする、体に感じない火山性地震が多い状態が続いています。

  • 二酸化硫黄の放出が増加

 1日当たりの放出量は、6月8日の観測では500トンだったところ、本日11日の観測では1700トンに急増しました。

 気象庁は午後3時半に、浅間山に火口周辺警報を発表し、活火山であることに留意する「噴火警戒レベル1」から、火口周辺への立ち入り規制を行う「噴火警戒レベル2」へ引き上げました。

小規模な噴火 発生の可能性

 気象庁は、今後、火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があるとしています。

 火口から概ね2キロメートルの範囲では、大きな噴石に警戒してください。登山者等は、地元自治体等の指示に従って、危険な地域に立ち入らないでください。また、風下側では、火山灰や小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。ご注意ください。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -