ニュース
2015年06月12日 12時25分 UPDATE

Microsoft、「Skype for modern Windows」を7月7日に終了へ

Microsoftが、タブレットなどのタッチ端末向けSkype「Skype for modern Windows」の提供を7月7日に終了する。7日から、同アプリのユーザーはデスクトップ版への移行を促される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月11日(現地時間)、タッチ対応のWindows版Skype「Skype for modern Windows」(以下モダン版)の提供を7月7日に終了すると発表した。同日からこのアプリを起動しようとすると、デスクトップ版Skype(Skype for Windowsデスクトップ)のダウンロードを促されるようになる。

 なお、デスクトップ版Skypeはこちらからダウンロードできる。

 skype 1 Skype for modern Windows
 skype 2 Skype for Windowsデスクトップ

 これまでモダン版を使っていたユーザーは、デスクトップ版をインストールした後、SkypeのアカウントあるいはMicrosoftアカウントでログインできる。連絡先と過去30日間の会話履歴はそのまま継承される。

 なお、Windows RT端末は7月7日以降もモダン版を利用できる。Windows RTはWindows 10にアップデートできない。

 7月29日にリリース予定の「Windows 10」では、新機能「Continuum」により、1つのアプリをマウス&キーボードとタッチでシームレスに切り替えられるようになる予定だ。

 Microsoftは明確には説明していないが、Windows 10版のSkypeもContinuumに対応することになるようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -