ニュース
2015年06月15日 16時33分 UPDATE

健保組合連合会の端末がマルウェア感染

厚生労働省は、健康保険組合連合会などの端末がマルウェアに感染していたことが分かったと発表した。個人情報の漏えいは確認していない。

[ITmedia]

 厚生労働省は、全国の健康保険組合の連合組織・健康保険組合連合会などの同省関連の3組織の端末で、マルウェアに感染していたか、感染の疑いがあることが6月11日に分かったと発表した。12日時点で個人情報の漏えいは確認していない。

 健康保険組合連合会では、端末2台で感染を確認。国立医薬品食品衛生研究所でも1台の感染を確認した。国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターでは感染は確認していないが、感染の疑いのある端末があったという。

 感染が確認されたか、感染の疑いのある端末が接続されているネットワークを外部と遮断するなどの対策を講じ、事実関係を確認中。詳細な事実関係を確認次第、公表するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -