ニュース
2015年06月22日 13時17分 UPDATE

ソフトバンク、孫社長の“後継者”アローラ氏に報酬165億円

孫社長の“後継者”ニケシュ・アローラ氏にソフトバンクが支払った報酬が、165億円あまりだったことが明らかに。国内企業としては異例の高額報酬だ。

[ITmedia]
画像 アローラ氏(5月の決算会見のストリーミング映像より)

 ソフトバンクが6月19日に関東財務局に提出した2015年3月期通期の有価証券報告書で、同日付で代表取締役副社長に就任したニケシュ・アローラ氏に対し、昨年9月の入社から今年3月末までの報酬として165億5600万円を支払ったことを明らかにした。報酬には入社に伴う一時金も含まれているという。国内企業としては異例の高額報酬だ。

 アローラ氏は、ドイツT-Mobile欧州部門のマーケティング責任者や米Googleで上級副社長兼CBO(最高事業責任者)を務めていた人物で、昨年9月にソフトバンクがバイスチェアマンに迎えた。孫正義社長は5月の会見で、アローラ氏を実質的な後継者に指名していた。

画像 役員報酬ランキング(東京商工リサーチの調査発表より)

 同社取締役で、米Brightstar会長のロナルド・フィッシャー氏の同期の報酬は17億9100万円。東京商工リサーチによると、この金額は国内企業の役員報酬として過去最高額という。これまでの最高額は、ユーシン田邊耕二代表取締役会長兼社長の14億500万円(2014年11月期)だった。アローラ氏は取締役ではなかったため、役員報酬ランキングは対象外だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -