ニュース
2015年06月24日 10時00分 UPDATE

Instagramにトレンドやキュレートコーナー追加、検索も強化(まずは米国から)

Instagramに、Twitterの「トレンド」のようなリアルタイムで話題になっている場所やタグのついた投稿のまとめと、Instagramが人力でキューレションしたテーマ別投稿集のコーナー「Explorer」が、まずは米国ユーザー向けに追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは6月23日(現地時間)、写真共有サービス「Instagram」のiOSおよびAndroidアプリにリアルタイムのコンテンツやキューレーションされたコンテンツを閲覧できる「Explore」ページを追加し、検索機能を強化したと発表した。Exploreと新しい検索機能を利用できるのはまだ米国のみだが、段階的に提供地域を拡大していく計画という。

 日本では、今回のアップデートで3つのフィルタが追加され、検索ではユーザー名、名前、ハッシュタグや場所名などの任意のキーで検索できるようになった。

 「Explore」は、虫眼鏡アイコンをタップして表示されるページに追加された。検索枠の下に、「TRENDING PLACES」「TRENDING TAGS」「EXPLORE POSTS」が表示される。

 最初の2つは、文字通りトレンドを表示するコーナーだ。米Twitterの「トレンド」と同様に、ハッシュタグ(PLACESの場合は場所名のタグ)からリアルタイムの流行を抽出して表示する。

 TRENDING PLACESでは、自分の現在地の近隣でリアルタイムで話題になっている場所の投稿が、TRENDING TAGSでは、世界中でリアルタイムで話題になっている(ハッシュタグが多い)投稿がまとまっている。

 instagram 1 メガネアイコンのページの新コーナー。今話題の場所や話題の写真をまとめて閲覧できる

 3つ目のEXPLORE POSTSは、Instagramのチームが人力でキュレーションしたコンテンツ集だ。人気ユーザーや話題の場所、美しい風景などテーマ別にまとめられており、随時更新される。例えば「遺跡」や「すごいアスリート」などのコンテンツが用意されている。

 instagram 2 人力でキュレーションしたコンテンツ集

 新しい検索機能(日本ではまだ利用できない)では、現在の「ユーザー」と「タグ」に加えて「場所」で検索できるようになり、この3つにわたって検索する「トップ」も備わった。

 場所の検索では、検索結果のトップにその場所の地図が表示され、その下に最も人気のある投稿、その下に直近に投稿された投稿が並ぶ。人気のあるスポットであれば、ほぼリアルタイムでその場所の天気が確認できそうだ。

 instagram 3 改善された検索(左)、場所の検索結果(右の2つ)

 Instagramの現在の月間アクティブユーザー数(MAU)はTwitterとほぼ同じ3億人。現在1日当たり7000万件以上の投稿があるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -