ニュース
2015年06月26日 13時01分 UPDATE

GitHubのオープンソースエディタ「Atom」がバージョン1.0に

GitHubのクリス・ワンストラスCEOがサイドプロジェクトとして始めたテキストエディタ「Atom」がパブリックβリリースから約1年で正式版に当たるバージョン1.0になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソースコード共有ツールを運営する米GitHubは6月25日(現地時間)、オープンソースのテキストエディタ「Atom」をバージョン1.0にアップデートしたと発表した。

 Mac(OS X 10.8以降)、Windows(7以降)、RedHat Linux、Ubuntu Linux版をそれぞれこちらからダウンロードできる。

 atom 0 Atomのダウンロードページ

 Atomは、2008年にGitHub創業者のクリス・ワンストラスCEOがサイドプロジェクトとして開発した「Atomicity」から発展したもの。同氏は、開発者が馴染みのある技術(JavaScript、HTML、CSSなど)を使って完全にコントロールできるエディタを目指したという。約7年間で累計130万本ダウンロードされ、月間アクティブユーザー数は35万人。パブリックβが公開されたのは昨年の2月だ。

 atom 1 初期のAtom(Atomicity)の画面

 同社は今後も同エディタを改良し、国際的なサポートを展開していくとしている。同社は今月、日本法人を設立している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -