ニュース
2015年06月29日 16時32分 UPDATE

次世代機「NX」は? スマホゲームの課金は?――任天堂株主総会で、岩田社長が答えたこと (1/2)

「『NX』は」「スマホゲームの課金スタイルは」――任天堂の株主総会で、岩田社長が株主からの質問に答えた。

[ITmedia]

 「『NX』は」「スマホゲームの課金スタイルは」――6月26日に開催された任天堂の株主総会で、岩田聡社長が株主からの質問に答えた質疑応答の内容がWebで公開されている。

NX、「次の情報は来年」

画像 任天堂の公式サイトより

 今年3月、スマートデバイス向けタイトルで提携するディー・エヌ・エー(DeNA)との発表会で明らかにした次世代ゲーム機「NX」について質問が相次いだが、岩田社長は「次に情報を発信するのは2016年になってから」と述べ、詳細は明らかにしなかった。

 「ニンテンドー3DS」や「Wii U」でソフトメーカーのサポートがうまく得られず、プラットフォームの立ち上げがうまくいかなかった反省を生かし、NXの立ち上げは「さまざまな検討と準備をしている」と述べた。

スマホ向けは「幅広い方から薄く支払っていただく」

 ディー・エヌ・エー(DeNA)と提携して参入するスマートフォン向けのゲームの課金方式については、一部顧客からの高額課金を期待するのではなく、“広く薄く”の方向性を示した。

 目指すのは、「幅広い層の方々に受け入れられるものをつくり、幅広い方から広く薄くお金を支払っていただいて、それらが全体として大きな規模で非常に収益性が上がる」しくみ。「世界中でヒットと呼ばれるものをできるだけ早く、複数つくりたい」という。

DL版がパッケージ版より高いのは

 「ニンテンドーDS」と「Wii U」のソフトの価格について、ダウンロード版がパッケージ版の実売価格を上回っているケースが多いとの指摘も上がった。ダウンロード版は通常、割り引きがないが、パッケージ版は小売店が値引きをする傾向にあるためだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -