ニュース
2015年06月30日 11時35分 UPDATE

「Windows 10」プレビュー最新ビルド(10158)でついに「Microsoft Edge」登場

Microsoftが次期OS「Windows 10」のテクニカルプレビューの最新版(ビルド10158)をリリースした。Webブラウザの名称が「Microsoft Edge」になり、新しいロゴが表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月29日(現地時間)、7月29日にリリース予定の次期OS「Windows 10」のテクニカルプレビュー最新版(ビルド10158)をリリースしたと発表した。

 logo Microsoft Edgeのロゴ

 このビルドで、Webブラウザの名称が「Microsoft Edge」になる。また、既報の通り、今回のアップデートでWebブラウザのお気に入り、履歴、クッキー、Readingリストは上書きされるので、これまでの設定を保ちたいユーザーはアップデート前に設定を保存し、アップデート後に反映させる必要がある(操作方法はこちら)。

 edge ビルド10158版のMicrosoft Edge
 edge2 日本語版

 Webブラウザの名称変更とともに、ホームボタンの追加や他のWebブラウザの設定インポート機能など、多数の新機能が追加された。

 この他、タスクバー上のアプリアイコンの通知マークの表示やファイルダウンロードのアニメーションの変更、Cortana(日本ではまだ使えない)の強化、写真編集アプリ「Photosアプリ」でのアニメーションGIFのサポートなどが追加された。

 taskbar タスクバーのユーザーインタフェースも改善された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -