ニュース
2015年06月30日 16時21分 UPDATE

LINEアカウントでほかのサービスにログインできる「LINE Login Platform」公開

LINEアカウントでログインする機能を、LINE以外のスマートフォンアプリやWebアプリに組み込める「LINE Login Platform」が法人向けに公開された。

[ITmedia]

 LINEは6月30日、LINEアカウントでログインする機能を、LINE以外のスマートフォンアプリやWebアプリに組み込める「LINE Login Platform」を法人限定で公開した。「LINE developersサイト」から申し込み、承認されれば利用できる。個人開発者向けに公開するかは「未定」としている。


画像 LINE STOREに組み込まれたLINE Login Platform
画像 Popcorn Buzzに組み込まれたLINE Login Platform

 iOSアプリ、Androidアプリ、Webアプリに組み込めるプラットフォーム。iOSとAndroidはSDKを提供する。

 LINE Loginを組み込めば、世界5億人以上LINEユーザーがLINEアカウントでログインできるようになり、ユーザー増加や利用の活性化につなげられるとしている。サービスはユーザーの同意を得た上で、LINEで設定された名前やプロフィール画像、ひとこと、LINE上の内部的な識別子の情報を連携できる。友だち一覧やグループ情報などは連携されない。

 LINE Login Platformを利用したい法人は、「LINE developersサイト」で会社情報や利用したいアプリの概要などを入力した上で「Partner登録」を申請すれば、LINEの担当スタッフが確認。承認されればLINE developersサイトの管理画面にログインできるようになる。承認には数週間かそれ以上かかるという。

 管理画面でLINE Login Platformを利用するアプリの情報を入力し「Channel登録」を行うと、LINEの担当者が確認して承認。その後、SDKやAPIを利用するために必要となる情報を発行する。

 LINE Login Platformは同社が運営するサービスに既に組み込まれており、LINEスタンプなどを購入できるWebアプリ「LINE STORE」や、200人までグループ通話できるスマートフォンアプリ「Popcorn Buzz」などに採用されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -