ニュース
2015年07月01日 12時46分 UPDATE

出版社のサイトを改ざん 不正アクセス疑いで17歳少年逮捕

出版社のサーバに不正アクセスし、サイトを乗っ取った不正アクセスの疑いで17歳の少年が逮捕された。少年はサイバー攻撃に関わったことなどをTwitterでアピールし、一部でよく知られた存在だった。

[ITmedia]

 出版社のサーバに不正アクセスし、サイトを乗っ取ったとして警視庁は1日までに、不正アクセス禁止法違反などの疑いで川崎市の無職の少年(17)を逮捕した。

 NHKなどの報道によると、少年は昨年12月、都内の出版社のサーバに侵入し、サイトを乗っ取った疑いがある。少年はサーバ会社を装ったメールを出版社の社員に送り付け、偽サイトに誘導して管理用IDとパスワードを盗んで侵入したという。その際には「Tor」を使っていた。朝日新聞によると、少年は容疑を認めているという。

 昨年12月には技術評論社のWebサイトが乗っ取られ、サーバOSを入れ替えられた上で外部の法律事務所のWebサイトにリダイレクトされるよう改ざんされる事件があった。少年の容疑は同社による経緯の説明と合致している。

 少年は「0Chiaki」を名乗り、サイバー攻撃に関わったことやマルウェアを作成したことなどをTwitterでアピールし、一部のネットユーザーにはよく知られた存在だった。最近、少年自身が近く摘発されることをほのめかしていたことから注目されていたが、実際に逮捕されたことを受け、掲示板サイトでは少年が17歳だったことなどを驚く声も上がっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -