ニュース
2015年07月02日 19時06分 UPDATE

羽田空港にロボットスーツ「HAL」導入 掃除・運搬にもロボット活用

羽田空港ターミナルビルの従業員向けにロボットスーツ「HAL」や掃除・運搬用ロボットを導入する。

[ITmedia]

 サイバーダインと日本空港ビルデングは7月2日、羽田空港旅客ターミナルビルにロボットスーツ「HAL」などの作業用ロボットを導入する業務提携を結んだ。

photo ロボットスーツHAL 作業支援用(腰タイプ)

 作業時の腰にかかる負担を軽減する「ロボットスーツHAL 作業支援用(腰タイプ)」と、人工知能を搭載した掃除用ロボット、指定したルートを自動で走る自律型の屋内用搬送ロボットを導入する予定だ。

photo クリーンロボット
photo 搬送ロボット

 日本の玄関口である羽田空港から日本の技術を発信すること、空港利用者に良質なサービスを提供すること、従業員がより健康的に働きやすい環境を作ること――を目的に掲げる。両社は「世界に先駆けた、空港におけるロボット技術活用の未来像」を創出したいとコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -