ニュース
2015年07月08日 17時29分 UPDATE

ドコモとGEがIoTで提携 道路や橋の稼働データをリアルタイムに監視、スマホで管理も

ドコモとGEが提携。GEの産業用機器向けワイヤレスルータにドコモの通信モジュールを内蔵し、道路や橋梁などの設備を遠隔で監視するソリューションを提供する。

[ITmedia]

 NTTドコモと米General Electric傘下のGEエナジー・ジャパンは7月8日、IoT(Internet of Things)ソリューションの提供について業務提携すると発表した。GEの産業用機器向けワイヤレスルータにドコモの通信モジュールを内蔵。道路や橋梁などの設備を遠隔で監視するソリューションを提供する。

画像 ドコモのニュースリリースより

 ドコモの通信モジュールを、GEの産業用ワイヤレスルータ「MDS-Orbitプラットフォーム」に内蔵。民間企業や自治体などが保有する遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道といった設備に設置すれば、設備の温度や振動などの稼働データをリアルタイムに監視できる。

 取得したデータをIoTクラウドプラットフォーム「Toami」(日本システムウエアが提供)上でドコモが提供するアプリなどと連携させれば、スマートフォンやタブレットで管理でき、故障の予兆診断や老朽施設の保全に役立てられるとしている。

 GEは電波状況の確認試験の結果も踏まえ、ドコモの通信モジュールを採用したという。ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の展開に向け、GEとさらなる連携を推進するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -