ニュース
2015年07月09日 18時28分 UPDATE

3Dプリンタで臓器の立体模型作成、価格は従来の3分の1 DNPと筑波大が技術開発

従来の約3分の1の価格で作成でき、血管などの内部構造が視認しやすい臓器の立体模型を3Dプリンタで作製する手法をDNPと筑波大が共同開発した。

[ITmedia]

 大日本印刷と筑波大学は7月9日、3Dプリンタを使って臓器の立体模型を作成する新手法を開発したと発表した。従来の約3分の1の価格で作成でき、血管などの内部構造が視認しやすいという。既に肝臓の3Dプリントモデル作成に成功。他の臓器への展開も進め、2016年度までの実用化を目指す。

画像 従来の肝臓模型(左)と、今回の研究で開発した肝臓模型

 医療分野では、3Dプリンタで作製した患者の臓器立体模型を使い、手術のシミュレーションや練習、治療の計画などに生かす手術プランニングが増えている一方、材料の樹脂が高価で、1つ作製するのに数万〜数十万円かかるため、臨床分野への展開が困難だったという。

 新手法では、内部をほどんと空洞にし、臓器の機能を担う「実質部」(肝臓の場合は肝細胞部分)の外面に沿うように形成することで、樹脂材料の使用量を削減し、価格を従来の約3分の1のに抑え、臨床分野で活用しやすくした。

 従来の模型は、実質部を透明な樹脂で、内部の血管などを不透明かカラーの樹脂で作製していたため、透明樹脂が光の屈折によって影響を受け、内部がゆがんで見えるという課題もあったが、新手法の模型は内部の状態が見やすく、血管が複雑に入り組んだ箇所でも確認しやすいとしている。

 筑波大学が3次元データを作成し、DNPが3Dプリンタ用データへの補正と出力条件の設定を行った。今後はすい臓などほかの臓器への展開を進め、16年度までの実用化を目指す。外科医のトレーニングや臨床現場への応用展開も進める。

 研究成果は7月15日〜17日に開催される「第70回日本消化器外科学会総会」(静岡県浜松市)で発表する。臓器立体模型の作製手法は特許を出願している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -