ニュース
2015年07月10日 16時11分 UPDATE

DNPがフリマアプリに参入 「趣味を楽しむ大人」向け、買い手のリクエストに応じて売り手が提案

DNPがフリマアプリに参入。買い手のリクエストに応じて売り手が商品を提案するスタイルが特徴だ。

[ITmedia]
画像

 大日本印刷(DNP)は、個人同士が物品を売買できるフリマアプリ「DNP CtoC取引サービス KURURi(クルリ)」を7月10日に公開した。買い手のリクエストに応じて売り手が商品を提案するスタイルが特徴。まずiOS版の配信を開始し、Android版は10月に配信スタートする。

 スポーツやアウトドアを中心に、「友人やファミリーで趣味を楽しむ大人」が主なターゲット。

 買い手が「こんな物が欲しい」「新しい趣味のために何からそろえればいいだろう」といったニーズを「リクエスト」としてアプリに投稿し、売り手がそれを参照して自分が売りたい物を「アピール」として投稿。リクエストとアピールのやり取りを通じて購入する。

 価格は売り手が決め、売買成立時に売価の10%を手数料をDNPが売り手から徴収する。決済代行会社を介して買い手から代金を一時的に預かり、届いた物を買い手が確認・評価した後に売り手に支払われるエスクローを採用し、安心して取引できるとしている。

 今後は決済手段の拡充や匿名配送サービスの導入、企業向けAPIの提供、メディアや企業とのタイアップやコラボレーション、イベント開催などを行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -