ニュース
2015年07月21日 07時30分 UPDATE

「Visual Studio 2015」と「.Net 4.6」のダウンロード提供開始

Microsoftがソフトウェア開発スイート「Visual Studio 2015」および最新.NETフレームワークのダウンロード提供を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月20日(現地時間)、予告通り「Visual Studio 2015」および「.Net 4.6」のダウンロード提供を開始した。こちらのページからダウンロードできる。

 visual studio 1 日本のダウンロードページ

 MicrosoftはVisual Studio 2015を「Windows、Android、およびiOS用の素晴らしいアプリケーションだけでなく、モダンなWebアプリケーションやクラウドサービスを構築するためのリッチな統合開発環境です」と説明する。

 visual studio 2 Androidアプリ開発のエミュレータ画面

 製品プランには3種類のエディションがある。非企業向けアプリを開発できる無償版の「Community」、個人開発者や小規模企業向けで1199ドル(旧バージョンからのアップグレードの場合は799ドル)の「Professional」、DevOps機能も備えるハイエンドで5999ドル(アップグレード版は2569ドル)の「Enterprise」だ(有償版はボリュームライセンスの場合割引になる場合もある)。

 visual studio 3 3つのエディション

 Visual Studio 2015では、Windows 10向けのユニバーサルWindowsアプリが開発できるが、そのために必要な開発者ツールの最終版リリースはWindows 10の正式版リリース日の7月29日になる見込みだ。

 以下に、同日開催されたオンラインイベントの録画(約1時間45分)を転載する。開発者部門担当副社長の、S・“ソーマ”・ソマスガー氏が新機能などを紹介している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -