ニュース
2015年07月22日 15時29分 UPDATE

Microsoft OfficeでGoogleドライブ上のOffice文書を編集できるプラグインをGoogleが提供

Googleが、デスクトップ版Microsoft OfficeでGoogleドライブ上のOffice文書を開き、編集・保存するためのプラグイン「Googleドライブプラグイン for Microsoft Office」を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月21日(現地時間)、Googleドライブ内のOffice文書をデスクトップのMicrosoft Officeで開き、編集・保存するためのプラグイン「Googleドライブプラグイン for Microsoft Office」を公開した。こちらから無償でダウンロードできる。

 このプラグインをインストールし(方法は後述)、デスクトップ版Office(Word、Excel、PowePoint)で「開く」を選択すると、選択肢として「OneDrive」、「コンピューター」などとともに「Googleドライブ」が表示されるようになる。

 drive 4 デスクトップ版Microsoft OfficeでGoogleドライブ内のOffice文書が開ける

 インストール手順は、上記のリンクをクリックして下の画面で「Accept and Install」をクリックしてEXEファイルをダウンロードし、起動するだけ。

 drive 1 ダウンロード画面

 EXEファイルを起動させると以下の画面になり、「開始」をクリックすると最初、Googleアカウントでログインするよう促され、ログインすると完了の告知が表示される。

 drive 2 インストール開始画面

 なお、DropboxにはWindowsデスクトップクライアントの同期機能が搭載されているので、以前からOfficeでDropbox上のファイルを編集・保存できる。

 また、Androidアプリ版のMicrosoft Officeでは、MicrosoftがGoogleドライブ上のOffice文書を編集・保存する機能を搭載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -