ニュース
2015年07月22日 17時49分 UPDATE

週末は台風12号に注意 局地的な大雨の恐れも

今週末は台風12号の動きに注意。土曜日以降、西日本は影響を受ける恐れ。台風周辺や高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気の影響で、台風から離れた所でも局地的な大雨に注意。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 強い台風12号は現在、日本の南を西北西に進んでいます。25日(土)頃には九州の南に進んでくる見込みです。その後、予報円の中心を進むと、26日(日)に四国沖、27日(月)には西日本付近を進む予想です。

photo 台風の予想進路図

 ただ、予報円がかなり大きくなっています。これは、まだ進路や速度の予想に幅があることを示しています。予報円の一番西側を進んだ場合は九州の西の海上を、一番東側を進んだ場合は本州の南の海上を陸地から離れて進む可能性もあるのです。

 週間予報では今週末は晴れマークの並んでいる所が多くなっていますが、進路次第で大きく予報が変わる可能性があります。台風が近づくにつれて、予想も定まってきますので、今後も最新の情報に注意が必要です。

photo

台風12号の特徴

 台風12号は、先日、西日本に上陸した台風11号に比べると大きさはだいぶコンパクトです。ただ、雨雲の元となる熱帯の暖かく湿った空気を大量に運んできますし、台風11号同様に動きが遅く、同じ場所で影響が長引く恐れもあります。

日本への影響は?

 【沖縄】大東島地方は24日(金)〜25日(土)にかけて、荒れた天気となる見込みです。

 【九州〜近畿】25日(土)〜27日(月)くらいにかけて台風の影響を受けて、雨や風が強まる恐れがあります。九州南部や四国では湿った空気の影響で、すでに大雨となっている所があります。さらに雨量が増えると土砂災害への危険が高まりますので警戒が必要です。

 【東海〜関東】今週末は台風から離れた所でも台風周辺や高気圧の縁を回る湿った空気が流れ込み、局地的な大雨になる恐れがあります。屋外のレジャーでは天気の急変に注意を。台風の進路次第では来週の前半、影響を受ける恐れもあります。

 【海上】太平洋側の海上では台風が近づく前から台風からのうねりが入り、波が高くなるでしょう。海水浴シーズンで、海へお出かけの方も多いと思いますが、天気は穏やかでも油断は禁物です。

 台風12号の動きはまだ変わる可能性があります。今後も最新の台風情報と気象情報にご注意下さい。日直予報士でも随時、最新情報をアップしていきます。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -