ニュース
2015年07月31日 17時38分 UPDATE

革新的な技術を世界から公募、共同で商用化検討 ソフトバンクが新プログラム

ソフトバンクは、革新的なソリューションや技術を世界の法人から幅広く募集し、共同で商用化を検討・実現するプログラムを始めた。

[ITmedia]

 ソフトバンクは7月31日、革新的なソリューションや技術を世界の法人から幅広く募集し、共同で商用化を検討・実現するプログラム「SoftBank Innovation Program」の応募受け付けを始めた。公募したソリューションや技術を審査・選考し、同社が持つリソースを組み合わせ、商品展開を検討する。

 第1回の募集テーマは「スマートホーム」「コネクテッド・ビークル」「デジタルマーケティング」「ヘルスケア」の4つ。募集は9月30日まで。

 1次選考を通過した案件に、プロトタイプの開発費用やテストマーケティング実施環境などを提供する。最終選考を通過すれば、ソフトバンクの販路で商品を展開できる機会が得られるほか、米Brightstarや米Sprintなどグループ会社を通して海外展開できる可能性もある。

 ベンチャーから大企業まで、あらゆる規模の法人からの応募を受け付ける。応募者・応募予定者向け説明会を8月19日に東京都内で開催する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -