ニュース
2015年08月10日 06時41分 UPDATE

Windows RT、9月のアップデートでスタートメニュー追加へ

2012年に登場したARM搭載SurfaceのOS「Windows RT」は「Windows 10」にはアップグレードできないが、9月にスタートメニューの追加とロック画面の改善を含むアップデートを実施するとMicrosoftが発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftのWindows 10に関するQ&Aページに「Windows RT をアップグレードすることはできますか。」という項目が追加された。

 Windows RTは、ARM搭載の「Surface」シリーズのOS。既報の通り、Windows 10はARM搭載端末をサポートしない。Microsoftは今年1月、SurfaceにもWindows 10の機能の幾つかが含まれるアップデートを提供すると予告していた。

 surface 1 Windows RT搭載の「Surface」。本稿執筆現在もMicrosoftの公式サイトで紹介されている(販売はしていない)

 Q&Aによると、Windows RTはWindows 10にはアップグレードできないが、「スタートメニューとロック画面が改善された更新プログラムが2015年9月に利用可能になります。」という。新Webブラウザの「Edge」が使えるかどうかなどは不明だ。

 surface 2 Windows 10のQ&Aに追加された項目

 Windows 8で消えたスタートメニューの復活はWindows 10の大きな特徴の1つ。Windows 10のロック画面はログイン時にも表示され、スライドショーや設定項目をカスタマイズできるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -