ニュース
2015年08月10日 16時21分 UPDATE

長崎原爆忌に「なんでもない日おめでとう」 ディズニー、公式Twitterの「不適切な表現」を謝罪

ディズニー公式Twitterアカウントが長崎原爆忌の8月9日に「なんでもない日おめでとう」とツイートしたことに批判が集まり、ウォルト・ディズニー・ジャパンが謝罪した。

[ITmedia]

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは8月10日、公式Twitterアカウント「@Disneyjp」から9日に投稿したツイートについて「皆様にご不快な思いをさせてしまう不適切な表現があった」とし、「深くお詫び申し上げます」と公式サイトで謝罪した。

画像 問題のツイート。すでに削除されている
画像 公式サイトの謝罪文

 同アカウントは9日、ディズニー映画「不思議の国のアリス」のイラストとともに「なんでもない日おめでとう」とツイート。誕生日でない日(なんでもない日)を祝う作中の歌の歌詞「A very merrty unbirthday to you!」の日本語訳だ。

 だが、ツイートが投稿された8月9日は、長崎に原爆が投下された日。「長崎原爆の日に『なんでもない日』はないだろう」などと批判が集まった。批判を受け、同社は同日中に問題のツイートを削除。同日夜、同アカウントで謝罪し、10日、公式サイトでも謝罪した。

 公式サイトは「発信日についての留意が足りず、このようなことが起こってしまい誠に申し訳ありませんでした。今後は、スタッフ一同、細心の注意を払い、チェック機能を強化し運営をしてまいる所存です」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -