ニュース
2015年08月17日 15時53分 UPDATE

機能素材「hitoe」で空港作業員の心拍リアルタイムに観察 JALとNTTコム、東レが安全管理システムの実証実験

着るだけで心拍数などを計測できる機能素材「hitoe」を活用し、屋外で作業する空港作業員の安全管理を行うシステムの実証実験がスタートした。

[ITmedia]
画像 対象者のイメージ

 日本航空(JAL)とNTTコミュニケーションズ、東レは8月17日、着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を計測できる機能素材「hitoe」を活用し、屋外で作業する空港作業員の安全管理を行うシステムの実証実験を那覇空港(沖縄県)で始めた。

画像

 荷物の輸送や航空機誘導などを行う作業員がhitoeを活用したウェアを着用。計測した心拍数などのデータを、トランスミッターとスマートフォン経由でNTTコムのクラウド基盤に送信し、JALオフィスからリアルタイムに遠隔モニタリングする。トランスミッターに内蔵した3軸加速度計により、着用者が転倒していないか推定することもできる。

 那覇空港で暑さ対策に関する検証を開始し、その後他エリアの空港で、熱ストレス、リラックス度、運動強度、消費エネルギーなどの暑さ対策以外の検証を進める。今後、GPSやビーコンを活用し、着用者の位置情報取得機能の開発も検討。福祉介護施設や自宅での高齢者見守り分野などでの活用も目指す。

 実証実験の結果を踏まえ、JALは同システムの導入を検討。東レは幅広い業界・職種での導入を目指し、東レが今年度中にサービスの事業化を図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -