ニュース
2015年08月18日 15時19分 UPDATE

Amazon、ワインの低温倉庫を稼働 「保冷お届けサービス」開始

Amazon.co.jpが直販するすべてのワインを一定の温度帯で管理する「低温倉庫」の稼働がスタート。「保冷お届けサービス」も始まった。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは8月18日、Amazon.co.jpが直販するすべてのワインを一定の温度帯で管理する「低温倉庫」の稼働を始めたと発表した。配送時にも温度管理する「保冷お届けサービス」(1回税込300円)もスタートした。

画像

 低温倉庫では、20度を目安とした一定の温度帯でワインを保管・梱包することで、ワインの味わいや品質を保てるとしている。高価なワインは低温倉庫内の温度17度・湿度70%のワインセラーでさらに徹底管理する。

 保冷お届けサービスは、定温倉庫から出荷したワインを温度管理した状態で指定の届け先まで輸送するもの。5〜9月にかけての夏季は同サービスの利用を推奨している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -