ニュース
2015年08月20日 08時07分 UPDATE

iPodシリーズ、実店舗のApple Storeでも“格下げ”に

Apple Store(実店舗)でMac、iPad、iPhone、Apple Watchとともにメインの展示テーブルに並んでいるiPodシリーズが、近く壁際のアクセサリー棚に移されると米9TO5Macが報じた。

[ITmedia]

 米Appleが8月25日の深夜(現地時間)に米国の直営店Apple Storeを“模様替え”し、iPodシリーズをメインの展示テーブルからアクセサリー棚に移すと、米9TO5Macが18日、複数のApple小売り担当者からの話として報じた。

 Appleは7月、約3年ぶりに「iPod touch」の新モデルを発表したばかりだが、8月にオンラインのApple Storeタブを削除したため、独自タブのないiPodはオンラインで探しにくくなっている。

 ipod 1 Apple公式サイトのiPodコーナー

 実店舗でもアクセサリー棚に置かれるようになれば存在感は薄れるが、iPhoneやiPadのように店員に頼まなくても、購入したい端末を自分でレジに持っていけるようになる。

 9TO5Macはまた、現在展示されているMac、iPad、iPhoneの近くに置かれている製品説明画面を表示したiPad 2(Smart Signsと呼ばれている)もなくなり、製品情報は直接展示製品に表示されるようになるとも伝えた。これまで、Smart Signs用のiPad 2をデモ製品と間違える顧客がいたためもあるという。Smart Signsを排除したスペースに、より多くのデモ製品が展示されることになりそうだ。

 ipod 2 Smart Signs用iPadもなくなる

 Apple Storeの改善については、7月にやはり9TO5Macが、販売するサードパーティー製周辺機器の種類を現在より減らし、販売する製品についてはそのパッケージをAppleがデザインしたものに統一する計画だと報じた

 こうした改善は、7月1日付で新設の役職、「Chief Design Officer(CDO、最高デザイン責任者)」に就任したジョナサン・アイブ氏の意向が反映されているようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -