ニュース
2015年08月23日 07時50分 UPDATE

Apple、「iPhone 6 Plus」の無償部品交換プログラム 背面カメラの故障で

昨年9月発売の“ごく一部の”「iPhone 6 Plus」の背面カメラに写真がぼやける問題があったとして、AppleがiSightカメラの部品無償交換プログラムを発表した。「光学式手ぶれ補正」の問題らしく、「iPhone 6」には問題ないようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは8月22日(現地時間)、「ごく一部のiPhone 6 Plusで、iSightカメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明」したとして、同端末の部品を無償で交換するプログラムを発表した。

 iphone 1 iPhone 6および6 PlusのiSightカメラはAFの正確さがうりの1つ

 対象となるのは、2014年9月〜2015年1月に販売された特定のシリアル番号の端末。サポートページにシリアル番号を入力することで、対象端末かどうかを確認できる。

 iphone 2 対象端末かどうかはサポートページで確認できる

 iSightカメラはiPhone 6 Plusと同時に発売されたiPhone 6にも搭載されているが、こちらについては現時点ではAppleからの同様のプログラムは発表されていない。

 iPhone 6 Plusの背面カメラ(iSightカメラ)については、発売直後からピントが合わない、オートフォーカスがきかないといった苦情が出ていた。Appleのサポートコミュニティーへの昨年10月の投稿によると、iPhone 6には搭載されていない「光学式手ぶれ補正」機能に問題がありそうだという。

 iphone 3 サポートコミュニティーに掲載されたブレ写真

 光学式手ぶれ補正機能はモーションデータを測定してレンズを緻密に動かすことで、十分な明るさがない場所での手ぶれを補正するというもの。Appleは「ほかにはないソフトウェアとハードウェアの統合により、光が少ない環境での写真をより美しいものにします。」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -