ニュース
2015年08月25日 19時01分 UPDATE

マネーフォワード、住信SBIネット銀行APIと公式連携

マネーフォワードが住信SBIネット銀行のAPIと公式連携した。銀行からAPI提供を受けるのは初。

[ITmedia]

 マネーフォワードは8月25日、住信SBIネット銀行、静岡銀行との業務提携を発表した。公式API連携や、金融商品/サービスの共同開発に取り組む。

photo

 住信SBIネット銀行のAPIと公式連携し、マネーフォワード上に口座へのログイン情報を預けることなく、取引情報を記録できるようになった。ユーザーの利便性を高めつつ、セキュリティを強化する狙いだ。

 金融機関とのAPI連携はクレディセゾンに続く第2弾で、銀行は初めて。銀行がAPIを他業種に提供することは「世界的にも先進な取り組み」という。

 同銀行の利用者向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」の共同開発にも着手し、11月をめどにリリース予定。中小企業、個人事業主向けクラウドサービス「MFクラウド」ユーザーへの創業支援、融資などの金融サービス提供も行う。

 静岡銀行とは(1)中小企業、個人事業主を対象としたFintechサービスの共同開発、(2)個人向け資産管理サービスの共同開発、(3)静岡銀行業務エリアにおける「MFクラウド」の展開支援――に取り組む。

 SBIベネフィット・システムズとは確定拠出年金領域における新技術、新サービスの共同開発を行う。

 提携に伴い、SBIホールディングスと静岡銀行、既存株主のジャフコから総額約10億円の資金調達を実施することで合意した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -