ニュース
2015年08月26日 08時14分 UPDATE

Googleマップメーカー、45カ国で再開(日本はまだ)

いたずらや改ざんの多発で今年5月に閉鎖されたユーザー参加のGoogleマップ改善サービス「Googleマップメーカー」が米国など45カ国で再開された。レビューボランティア「Regional Lead」が決まった国からということで、日本はまだだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月24日(現地時間)、度重なるいたずらや改ざんで5月に閉鎖に追い込まれたユーザー参加の地図改善サービス「Googleマップメーカー」を45カ国で再開したと発表した。

 日本はまだ再開していない。Googleは、十分な数の「Regional Lead」が決まったら他の国々でも順次再開していくとしている。

 Regional Leadとは、これまでGoogleのアルゴリズムと従業員が担当してきたユーザーによるマップ編集結果のレビューを担当する地域ボランティアだ。日本ではまだRegional Lead志願者が足りないようだ。Regional Leadにはこちらから応募できる。

 どの国でマップメーカーが再開されたかは、マップメーカーのページに表示される「Welcome back!」ウィンドウに国名を入力して「IS MAP MAKER OPEN?」をクリックすることで確認できる。

 map 1 日本を入力すると
 map 2 まだ再開されていないことが分かる

 まだ再開していない国の告知にはRegional Lead応募ボタンが表示される。

 再開した国を入力した場合は以下のように、新機能を説明するウィンドウが表示される。

 map 3 Regional Leadの新設、ポリゴン編集機能の終了、利用規約違反はアクセス遮断につながるという警告が表示される

 ポリゴン編集機能の終了はテンポラリーなものだとしている。マップメーカー閉鎖のきっかけの1つになったいたずらでは、地図上にポリゴン編集を使ってリンゴに放尿するドロイド(Androidのマスコット)の絵が描かれたことだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -