ニュース
2015年08月26日 12時43分 UPDATE

VOCALOIDがUnityで歌う ヤマハ「VOCALOID for Unity」リリースへ

ゲームエンジン「Unity」内で歌声合成技術「VOCALOID」を利用できる開発環境「VOCALOID SDK for Unity」を12月にヤマハが提供する。

[ITmedia]

 ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは8月26日、歌声合成技術「VOCALOID」の一部機能をゲームエンジン「Unity」向けに開放する共同プロジェクト「VOCALOID for Unity」を発表した。12月に開発環境「VOCALOID SDK for Unity」を公開する。

photo

 「VOCALOID SDK for Unity」を使うと、事前に制作したVOCALIDのシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、コンテンツ内で再生する歌声をリアルタイムに生成できる。歌声を利用した音楽ゲームやVRコンテンツを自由に開発可能な環境を目指す。

 合成に使用する音声として、Unityのキャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを共同開発。ライセンスに準拠すれば無償で利用できる形で開発者に提供する。

photo 「VOCALOID SDK for Unity」の概要図(予定)

 リアルタイム歌声合成やパラメーター調整のデモムービー、「VOCALOID SDK for Unity」の技術仕様はプロジェクトサイトで9月1日に公開予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -