ニュース
2015年08月27日 08時51分 UPDATE

Windows 10、リリースから約4週間で7500万台がアップグレード

Microsoftの幹部が、「Windows 10」がリリース後約1カ月で7500万台の端末にインストールされたとツイートした。有料だった「Windows 8」の発売後1カ月の販売数は4000万本だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftのWindows and Devices Group部門幹部のユサフ・メディ氏は8月26日(現地時間)、7月29日にリリースした「Windows 10」の端末での稼働数が7500万本を突破したと自身のTwitterでツイートした。

 MicrosoftはWindows 10のリリース24時間後のアップグレード端末数を1400万台と発表している。

 Windows 10は従来の同社のPC向けOSと異なり、Windows 7およびWindows 8.1の正規ユーザーであれば無償でアップグレード可能だ。

 windows 10 1

 ちなみに、「Windows 7」は発売から約2カ月で6000万本、「Windows 8」は発売から約1カ月で4000万本というのがMicrosoftが正式に発表した各OSの初速だ。先日リリース20周年を迎えた「Windows 95」は発売後5週間で700万本売れた。

 Windows 10にアップグレード可能な端末では、リリースの数週間前から予約を促すプッシュ通知が表示され、リリース後も起動のたびに「Windows 10を入手する」というプッシュ通知が表示される(非表示にする方法はこちら)。

 windows 10 2

 米ZDNetへのMicrosoftの説明によると、7500万本にはPCメーカーへのプリインストールは含まないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -