ニュース
2015年09月07日 17時08分 UPDATE

「2億5000万画素」CMOSセンサー、キヤノンが開発 18キロ離れた飛行機の機体文字が読める

キヤノンが約2億5000万画素というAPS-HサイズCMOSイメージセンサーを開発した。

[ITmedia]

 キヤノンは9月7日、約2億5000万画素のAPS-HサイズCMOSイメージセンサーを開発したと発表した。監視・防犯機器や計測機器・産業機器、映像表現分野への応用を検討していく。

photo 約2億5000万画素センサー

 1万9580×1万2600ピクセルという超高精細な画像を撮影できるイメージセンサー。搭載するカメラで、約18キロ先を飛ぶ飛行機の機体文字を識別することに成功したという。この撮影では光学ズームと電子ズームを組み合わせ、画像の4万分の1の領域を拡大した。

photo 試作カメラ(EF35mm F1.4L USM装着時)

 回路の微細化や信号処理技術の向上で、1秒間に12億5000万画素の超高速読み出しを実現し、毎秒5コマの撮影が可能だとしている。

 動画ならフルHD(1920×1080ピクセル)の約125倍、4K(3840×2160ピクセル)の約30倍という多画素を生かし、任意の領域をトリミングしても解像感が損なわれない映像を得られるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -