ニュース
2015年09月08日 09時54分 UPDATE

映画「スティーブ・ジョブズ」、ウォズニアック氏も「本人を見ているようだった」と大絶賛

Universal Picturesの映画「Steve Jobs」が米映画祭でプレミア上映され、VarietyやHolliwood Reporterなどが好意的なレビューを掲載。Appleの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏も「役者が演じているのではなく、本物を見ているようだった」と絶賛した。米国での封切りは10月9日。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Universal Pictures製作の映画「Steve Jobs」が米国での10月9日の封切りに先駆けて、テルライド映画祭で9月7日(現地時間)に公開された。米Variety米Holliwood Reporterなどが好意的なレビューを掲載している。

 steve 1 1984年のプレスイベントでのジョブズ氏を演じるマイケル・ファスベンダー

 映画祭に参加したAppleの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏は米DEADLINEに対し、「ラフカットを見せてもらったとき、本物のスティーブ・ジョブズや関係者(セス・ローゲン演じるウォズニアック氏自身)を見ているような気がしたよ、役者が演じているんじゃなくて。(監督の)ダニエル・ボイルと(脚本の)アーロン・ソーキンがちゃんと映画化してくれたことを大絶賛する」と語った。

 steve 2 セス・ローゲン演じるスティーブ・ウォズニアック氏

 ウォズニアック氏は、2013年に公開されたアシュトン・カッチャー主演の伝記映画「Jobs」については「事実と異なる」と苦言を呈している。

 この映画は、ウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」を原作としているが、「ソーシャル・ネットワーク」の脚本も手掛けたアーロン・ソーキンが、1984年の「Macintosh」の発表、1988年の「NeXT Computer」の発表、1998年の「iMac」の発表という3つのイベントを中心に、娘のリサさんとの関係も絡めた構成にした。1984年のイベントはきめの粗い16ミリフィルムで、1988年は35ミリフィルムで、1998年は高精細のデジタルで撮影したという。

 同映画の日本での公開は未定だ。


変更履歴:1988年はNext Computerの発表イベントでした。お詫びして訂正いたします。[2015/9/8 14:20]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -