ニュース
2015年09月11日 07時07分 UPDATE

「Office 2016 for Windows」、9月22日にリリースへ

Microsoftが、デスクトップ版Office「Office 2016」を9月22日にリリースすると正式に発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月10日(現地時間)、デスクトップ版Officeの「Office 2016」を9月22日にリリースすると発表した。

 Office 2016はWindows 7/8/10に対応。Office 365ユーザーには無償で提供される。非Office 365ユーザーへの販売価格はまだ発表されていない。

 家庭向けOffice 365(日本の場合は「Office 365 Solo」)のユーザーは、22日からOffice.comでOffice 2016をダウンロードできる。

 office 2016 Windows 10上のOffice 2016(プレビュー版のExcel)

 非Office 365ユーザー(「Office 2013」のユーザーを含む)については公式ブログでは触れられていないが、同日からダウンロード購入できると考えていいだろう。

 また、Windows版より一足早くリリースされている「Office 2016 for Mac」も、これまではOffice 365ユーザーにのみ提供されてきたが、同日から非Office 365ユーザー向けにも発売されるとみられる(Microsoftは9月に発売するとしていた)。

 ボリュームライセンス契約の企業ユーザーの場合は、10月1日からサービスセンターでダウンロードできる。

 Office 2016の最初のアップデートは10月の予定。Windows 10と同様に、自動アップデートになる。企業ユーザーの場合、アップデートサイクルは2種類から選べる。家庭向けと同様のサイクルでアップデートする「Current Branch」と、セキュリティ関連のアップデートのみ毎回実施し、新機能の追加は4カ月おきに実施する「Current Branch for Business」だ。後者であれば管理者はインストール前に新機能を確認できる。

 office branch 企業向けOffice 2016のアップデートサイクル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -