ニュース
2015年09月14日 11時59分 UPDATE

阿蘇山が噴火 警戒レベル3、入山規制へ

14日午前9時43分に阿蘇山が噴火。重大な影響を及ぼす噴火が起きる可能性も予想され、気象庁は噴火警戒レベルを「3」に引き上げています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 14日午前9時43分、阿蘇山が噴火しました。福岡管区気象台は、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、警戒を呼びかけています。

photo 阿蘇山噴火の様子 9時25分頃から噴煙が上がっていることがわかります

阿蘇山 中岳第一火口で噴火 今後も警戒を

 福岡管区気象台によると、14日午前9時43分、阿蘇山の中岳第一火口で噴火が発生。噴火に伴い、火口から弾丸を描いて飛散する大きな噴石を確認。噴煙は火口縁上2000メートルまで上がったとしています。

 今後、阿蘇山では、今回と同じくらいの規模の噴火が発生し、大きな噴石が火口から1キロ以上に飛散する可能性があります。このため、阿蘇山に出されていた噴火警報を、レベル「2」から「3」に引き上げました。

噴火警戒レベル「3」とは?

 居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、または発生されると予想されます。

 「登山禁止」や「入山規制」など、危険な地域への立ち入り規制が必要です。また、状況に応じて災害時要援護者への避難準備なども必要とされます。

警戒すべきことは?

 熊本県阿蘇市、高森町、南阿蘇村では、火口周辺で入山規制などの警戒を。また、火口から約2kmの範囲では、噴火に伴って飛散する大きな噴石や火砕流に警戒をしてください。

 また、上空では東よりの風が吹いています。阿蘇山の西側の地域では、風に流されて飛んでくる火山灰や小さな噴石にも注意が必要です。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -