ニュース
2015年09月16日 12時45分 UPDATE

Twitterがドーシー暫定CEOのSquareと提携──大統領選のツイート内献金ボタンで

ジャック・ドーシー氏が暫定CEOを務めるTwitterと、CEOを務めるSquareが初提携し、ツイート内献金ボタンを大統領選候補者向けに提供し始めた。支持者はSquareアカウントを持っていなくても、Twitter内で数ステップで献金できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月15日(現地時間)、モバイル決済を手掛ける米Squareとの提携により、ツイート内ボタンのタップで大統領選候補に献金できる機能を追加したと発表した。

 Squareは、Twitterの暫定CEOであるジャック・ドーシー氏が創業し、CEOを務める会社だ。両社が提携するのはこれが初。

 ユーザーは、自分が支持する候補者の献金カード付きツイートの献金ボタンをタップすることで、その場で献金できる。献金するにはデビットカード番号などの情報を入力する必要があるが、既にSquareのユーザーであればもっと手軽に献金できる。

 contribute 1

 候補者が献金ボタン付きカードを立ち上げるには、まずSquareのビジネスアカウントを開設し、登録をSquareに連絡する。Squareが認証すればツイートに一意のURLあるいは$Cashtagを追加することで、自動的に献金カードが表示される。

 誰でも献金ボタン付きカードを作れるわけではないが、対象者は大統領選候補者だけではないようだ。現カリフォルニア州知事のギャビン・ニューサム氏が2018年の再選に向けたキャンペーンの一環として、さっそく献金ツイートを投稿している。

 ドーシー氏がTwitterの暫定CEOに就任して約2カ月。正式CEOについてはまだ何も発表されていない。TwitterとSquareの両社に出資する著名投資家のクリス・サッカ氏は12日、一連のツイートで、「Twitterの取締役会はいまだに正式CEOを決められないようだが、従業員もユーザーも、皆ジャック(ドーシー氏)が大好きだ。彼はTwitterの心であり、魂だ。市場はジャックがSquareとTwitterの両社に強力なチームを持っており、彼が両社を同時に経営することができることを知っている」などと、強力にドーシー氏を正式CEOに推した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -