ニュース
2015年09月17日 06時24分 UPDATE

Apple、「watchOS 2」のリリースをバグを理由に延期

Appleが、「iOS 9」と同時に予定していたApple WatchのOS「watchOS 2」のリリースを、バグが見つかったことを理由に延期した。リリースは“間もなく”という。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月16日(現地時間)、同日に予定していた「Apple Watch」のOS「watchOS 2」のリリースを延期したと、複数のメディアに対して声明文を送った。バグが見つかったために延期するという。

 「iOS 9」のリリースは本稿執筆現在既に始まっている。

 Appleからの声明文は「watchOS 2の開発の過程でバグが見つかり、修正に予測より時間がかかっている。watchOS 2は本日はリリースしないが、間もなくの予定だ」となっている。

 watch os 公式サイトもまだ「まもなく登場」のままだ

 米9TO5Macによると、Developer Centerで公開されているwatchOS 2のGM(ゴールドマスター版)のユーザーの間では、特に問題は認められていないという。

 いずれにしても、Apple WatchをwatchOS 2にアップデートするには、ペアリング先のiPhoneを先にiOS 9にアップデートする必要がある。

 watchOS 2にアップデートすると、ネイティブアプリ、FaceTimeオーディオによる音声通話、新しいウォッチフェイスなどが使えるようになる。

 watchos 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -