ニュース
2015年09月18日 11時22分 UPDATE

東京ゲームショウ2015:まるでSF映画に迷い込んだみたい――「PlayStation VR」「Gear VR」を体験してきた (1/2)

VR(仮想現実)は東京ゲームショウ2015で熱いジャンルの1つ。最新の「PlayStation VR」と「Gear VR」を会場で体験してみた。

[片渕陽平,ITmedia]

 東京ゲームショウ2015(千葉・幕張メッセ、9月17日〜20日)では仮想現実(VR)に注目が集まる。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は「PlayStation VR」、米Facebook傘下のOculusは「Oculus Rift」と「Gear VR」、それぞれVR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を出展。最新のVRを体験できる。

photo PlayStation VR

「PlayStation VR」で夢のロボットパイロットに

photo SCEブースではPS VRをアピール

 「PlayStation VR」は、SCEが9月15日に発表したばかりのHMD。加速度センサーとジャイロセンサーを搭載。PlayStation Cameraによって頭の動きや位置をトラッキングし、映像が360度全方向にリアルタイムで変化する。来年前半に発売する予定だ。

photo PS VRを装着して体験

 今回体験したゲームは、ロボットを操って戦う「RIGS:Machine Combat League」。映像はリアルかつ鮮明で、画面上のゲージやスコアの視認性も高く、実際にコックピットに座って操縦しているよう。自分の頭を動かすと、座ったまま見える景色だけが変化し、コントローラのレバーを動かすとロボット自体が転回する――というリアルさが印象に残る。ヘッドセットを装着し、音も外の世界と遮断するとさらに没入感が増す。

photo

 その他にも「SEGA feat.HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO」「ファイナルファンタジーXIV:VR タイタン討伐戦」「サイバーダンガンロンパ VR 学級裁判」など全9タイトルを遊ぶことができる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -