ニュース
2015年09月18日 17時44分 UPDATE

Dreamforce 2015:ナデラCEO、iPhoneとiPadを手に“変わるMicrosoft”アピール (1/2)

米Microsoftのサティア・ナデラCEOが「Dreamforce 2015」で自らiPhoneとiPadで製品デモを披露。同社製品のモバイル、クラウド対応、マルチプラットフォーム展開をアピールした。

[山崎春奈,ITmedia]

 米Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2015」(9月15〜18日、米サンフランシスコ)で9月17日(現地時間)、米Microsoftのサティア・ナデラCEOが登壇した。自らiPhoneやiPadで製品デモを披露し、自社デバイス/OSにこだわらずにユーザーニーズにあったツールを提供するマルチプラットフォーム戦略を強調した。

photo サティア・ナデラCEO(右)

 2014年2月のナデラCEO就任から約1年半が経った“新生”Microsoft。ミッションを個人・組織を問わずテクノロジーの力でベストを引き出すことと定義し、最も大切にしていることとして(1)ビジネスの生産性向上に貢献する、(2)クラウドベースでインテリジェンスを提供する、(3)コンピューティングをもっとパーソナルに――の3点をあげた。

 特に「我々が提供したいのはプラットフォームであり、デバイスに依存するものではない」という点を強調し、自らiPhoneやiPadでMicrosoft製品のデモを披露。デモ機のホーム画面を見て「なんと、全部Microsoftのアプリですね! これをiPhone “Pro”と呼びたいと思います」と会場を笑わせながら、機械学習を搭載したOutlookの検索機能、Salesforceとの連携、Word、Excel、PowerPointなどのファイルをPCと同じように閲覧・編集できることなどを説明した。

photo Officeアプリがずらりとならぶ「iPhone “Pro”」でデモ

 自社製品をマルチプラットフォーム展開するだけでなく、開発環境としての魅力もサードパーティのデベロッパーにアピールし、Windowsの存在感を高めていく。

 「PCからスマートフォンへの流れの次に何が来るか? を意識し続けなければいけない。ウェアラブルデバイスを始め、コンピューティングはより個人に寄り添うものになるはず。いつでもどこでも同じ経験ができるようモビリティを追求していく姿勢はWindows 10を作るときにも意識した」(ナデラCEO)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -