ニュース
2015年10月02日 12時04分 UPDATE

iOS版「Tweetbot 4」リリース 2カラム表示可能で、iPadでは「Split View」に対応

Tweetbotのバージョン4がユニバーサルアプリとしてリリースされた。ランドスケープではiPhone(6 Plus/6s Plus)でも2カラム表示が可能で、iPadではiOS 9の「Split View」にも対応する。価格は期間限定で600円だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 iOSおよびMac版有料Twitterクライアント「Tweetbot」を手掛ける米Tapbotsは10月1日(現地時間)、iOS版「Tweetbot for Twitter 4」を米AppleのApp Storeでリリースした。期間限定価格は600円(定価は1200円)。

 tweetbot 1 「Tweetbot for Twitter 4」

 バージョン3まではiPhoneとiPadで別アプリだったが、初めてユニバーサルアプリになった。

 tweetbot 2 初めてユニバーサルアプリになった

 iPadでは、iOS 9の「Split View」に対応する。また、ランドスケープ(横置き)モードでは2カラム表示の「Column View」が可能で、タイムライン、友達の最新アクティビティを表示する「Activity」、自分のアクティビティを確認できる「Stats」、検索結果、メンションから2ページを選んで表示できる。Column Viewは、iPadとiPhone 6 Plus、iPhone 6s Plusで利用可能だ。

 tweetbot 3 2カラム表示(タイムライン+Activity)

 Twitterの公式アプリの「While you were away(あなたがいない間に)」のような(余計な)機能はなく、純粋に時系列のタイムラインを表示できる。広告も表示されない。

 tweetbot 4

変更履歴:当初「Cloumn View」を「iPhone 6以降」で利用可能としていましたが、「iPhone 6 Plus」および「iPhone 6s Plus」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。[2015/10/2 12:40]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -