ニュース
2015年10月02日 14時47分 UPDATE

Google幹部、iOS 9の広告ブロック機能は「お湯と一緒に赤ん坊を流してしまう機能」

AppleがiOS 9に追加した広告ブロックを可能にする新機能「コンテンツブロッカー」について、Googleの広告/コマース担当上級副社長が初めて公の場で語った。広告ブロックは不要なものを排除するだけでなく重要なもの(コンテンツプロバイダーの収入)をも犠牲にする機能であり、容認できる広告プログラムの構築が必要だと主張した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが「iOS 9」で追加した「コンテンツブロッカー」機能は“たらいのお湯を捨てようとして洗っていた赤ん坊も一緒に流してしまう”(=不要なものを捨てようとして大事なものまで捨ててしまうという西洋圏のことわざ)ようなものだ──。米Googleの広告/コマース担当上級副社長のシュリダール・ラマスワミ氏は9月28日(現地時間)、ニューヨークで開催のAdvertising Weekのカンファレンスでそう語った。

 adblock Googleのシュリダール・ラマスワミ上級副社長(右)

 米Fast Companyのボブ・サフィアン記者との対談で、ラマスワミ氏は2つの新しい広告機能「Customer Match」と「Universal App Campaigns」を発表した。

 サフィアン氏が単刀直入にAppleの広告ブロックについてどう思うかと尋ねたところ、ラマスワミ氏は上記のように語り、「われわれは、これは真剣に取り組む必要のある問題だということを認識する必要がある。“容認できる広告”とは何かを協力して定義し、容認できる広告プログラムとはどのようなものになるかを考えていかなければならない」と主張した。

 Appleの広告ブロックの動きはGoogleのビジネスに大きな影響を与えるかという質問に、ラマスワミ氏は思わず大きなため息をついてから、「AppleはGoogleの主要なパートナーの1社だ(Safariのデフォルト検索エンジンはGoogle)。Appleは(われわれとは)異なるビジネスモデルだが、これだけ多くのコンテンツ提供者が広告に依存しているのだから、広告ブロックの問題を解決するために協力していく必要がある」と答えた。

 この対談はこちらで視聴できる。Appleについての質問は24分目くらいからだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -