ニュース
2015年10月02日 17時54分 UPDATE

自撮りもできる“LINE自販機”、キリンが展開

商品を買うと「自撮り」ができ、LINEとも連携するデジタルサイネージ自販機をキリンが展開する。

[ITmedia]

 キリンビバレッジバリューベンダーは10月2日、LINEと連携し、商品を買うと「自撮り」が楽しめる自販機を今月から全国主要都市に展開すると発表した。今後機能を追加していき、「従来の自販機にはなかった“わくわく”を提案する」という。

photo

 前面に大型液晶ディスプレイを搭載し、動画などを表示可能なデジタルサイネージ自販機。インテルが「デベロッパーゾーン」で提供する技術と、LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」を活用し、飲料を購入すると、内蔵カメラでフレーム付き自撮りが楽しめる「VENDORPHOTO」(ベンダーフォト)機能を搭載する。撮影した写真はデザインフレームで装飾した後、LINEで受け取る仕組みだ。

photo

 広告動画のほか、緊急地震速報、津波情報――などの防災情報も表示できる。商品のカテゴリー/カロリーは、英語や中国語、韓国語による表示も可能だ。

 同社は今年7月に設立。キリンビバレッジの自販機関連事業を担当し、新型自販機は新マーケティング戦略に基づく第1弾。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -