ニュース
2015年10月06日 12時16分 UPDATE

ロシア政府、Googleに独禁法違反是正命令 Androidアプリのプリインストールで

GoogleがAndroid端末メーカーに複数の自社製アプリのインストールを要請していることは独禁法に抵触するとして、ロシア政府当局が同社にメーカーとの契約の是正を命じた。この問題については欧州と米国の当局も調査中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ロシア連邦独占禁止局(FAS)は10月5日(現地時間)、米Googleが同国の独占禁止法に違反しているとして、同社に対して11月18日までにAndroid端末メーカーとの契約を是正するよう命じたと発表した。

 fas ロシア連邦独占禁止局の発表文

 FASは9月14日、同国の検索最大手Yandexからの申し立てを受けた調査の結果、Googleが端末メーカーに複数の同社製アプリをプリインストールさせていることは独禁法に違反すると発表していた。

 Googleは、端末メーカーがGoogle検索アプリやGoogleマップのプリインストールを求める場合、Googleはそれらを単独では提供せず、GmailやChromeなどを含むパッケージとして提供している。これがロシアの独禁法に抵触するという判断だ。

 Googleが期限までに是正を完了しなかった場合、FASはGoogleに対し、ロシア市場での2014年におけるAndroid関連売上高の1〜15%に相当する罰金の支払いを命ずる可能性がある。

 GoogleによるAndroid端末メーカーへのアプリプリインストール要請に関しては、欧州米国の独禁法当局も現在調査中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -