ニュース
2015年10月07日 17時06分 UPDATE

Apple、人工知能ベンチャーを2社連続で買収――“Apple Car”への布石か?

Appleが人工知能ベンチャー2社を立て続けに買収したようだ。Siri強化や自動運転カー開発に向けた布石では――という見方も。

[大村奈都,ITmedia]

 米Bloombergによると、米Appleは10月初頭、2社の人工知能(AI)関連ベンチャーを立て続けに買収した。両社は音声認識と画像認識に関する独自のAI技術を持っており、Appleが2019年頃に発売するとうわさされている自動運転車“Apple Car”などの開発強化に向けた布石では――という見方もある。

photo Appleが昨年発表した車載システム「Apple CarPlay」

 買収したのは、AIを活用した音声認識技術を持つ英VocalIQと、スマートフォン向け画像認識AI技術を持つ米Perceptio。特にPerceptioの画像認識は、コンピュータ自体がパターン認識によって物事を学習していくディープラーニング技術を用いており、クラウドなどの外部データベースを参照せずにスマホ単体で写真を自動分類できるのが特徴という。

 Appleはパーソナルアシスタント「Siri」で、米Googleの「Google Now」や米Microsoftの「Cortana」などと競合。今年に入ってから人工知能や機械学習に精通する人材を大量募集している。また、同社は2019年をめどに自動運転技術を搭載した電気自動車(Apple Car?)を投入するとのうわさもある。

photo Appleの求人ページに掲載された機械学習部門の求人の1例

 米Business Insiderは、今回のAppleによる買収も、Siriの強化や自動運転カーの開発推進に向けたものかもしれない――と分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -