ニュース
2015年10月14日 12時01分 UPDATE

マイナンバー初トラブル 住民票に誤記載して発行 茨城県取手市

茨城県取手市が誤ってマイナンバーを記載した住民票を発行していたことが分かった。

[ITmedia]
photo 取手市の発表

 茨城県取手市は、誤ってマイナンバーを記載した住民票69世帯100人分を発行したことを明らかにした。自動交付機の設定ミスが原因という。マイナンバーをめぐるトラブルは初とみられる。

 市によると、10月5日から9日にかけ、取手本庁舎と藤代庁舎にある自動交付機2機で発行した69世帯100人分の住民票にマイナンバーが記載されていた。9日に市民から連絡があり、発覚したという。

 自動交付機ではマイナンバーを記載しない仕様としていたが、委託業者がこの設定を怠っていたことが分かったという。12日までに市職員が対象者宅を訪問して謝罪し、新たな住民票への差し替えをお願いしたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -