ニュース
2015年10月17日 07時00分 UPDATE

デスクトップ版Chromeブラウザで「Ok Google」終了(あまり使われていないので)

Googleが、Windows、Mac、Linux向けのChromeブラウザでマイクに「Ok Google」と発声することで音声検索を起動する機能を削除した。この機能を有効にしているユーザーが多くはなかったからとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが、Windows、Mac、Linux向けのChromeブラウザのバージョン46へのアップデートで、端末のマイクに向かって「Ok Google」と発声することで音声検索を起動する機能を削除した。米VentureBeatが10月16日(現地時間)に最初に報じた。

 ok google 1 「OK Google」と発声の文字は消えた(画像は旧バージョンのもの)

 この機能は2013年11月に拡張機能として使えるようになり、2014年5月リリースのChrome 35から標準機能として提供されてきた。Chromeの[設定]→「検索」で有効/無効を設定できた。

 Googleは14日のアップデートの際、リリースノートにはこの機能削除について触れていなかったが、Chromeのヘルプフォーラムで16日に、「これらのプラットフォームでは多くのユーザーがこの機能を有効にしていなかったから」削除したと説明した。

 Chromebook(Chrome OS搭載のPC)のブラウザおよびAndroid端末ではOk Googleでの音声検索起動は残っている。

 なお、音声検索自体は現在も可能だ。新しいタブのマイクアイコンをクリックすることで起動できる。

 ok google 2 マイクアイコンをクリックすれば音声検索を起動できる

 Googleは14日にはChromeの「通知センター」機能の終了を発表した。終了の理由はこちらも「ほとんど誰も通知センターを訪れなかったから」としている。

 通知センターもOk Googleも、それなりにメモリやCPUを消費する機能だった。「Web高速化」を目指すGoogleは、使われていない機能はパフォーマンス向上のために積極的に削っていく方針なのだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -