ニュース
2015年10月22日 07時49分 UPDATE

Western Digital、SanDiskを買収 約190億ドルで

身売り検討中と報じられていたSSD大手のSanDiskを、HDD大手のWestern Digitalが190億ドルで買収する。SanDiskと東芝のジョイントベンチャーは買収完了後も維持する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米HDD大手のWetsern Digitalは10月21日(現地時間)、米フラッシュメモリメーカーのSanDiskを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は約190億ドル(約2兆3000億円)で、取引は2016年第3四半期(7〜9月)に完了する見込み。

 sandisk SanDiskのトップページ

 SanDiskは、クラウドコンピューティング、データセンター、スマートフォン、ノートPCなどに使われるフラッシュメモリの大手。半導体メモリ業界では、供給過剰と中国からの安価な製品が価格下落を招いており、SanDiskは事業売却を検討していると報じられていた

 同社はSSDなどに使われるNANDフラッシュの製造で東芝と工場を共同運営している。東芝とのジョイントベンチャーは、買収完了後も継続する。

 Western DigitalはHDDの最大手だが、ユーザーのモバイルへの移行やデータセンターでのHDDからSSDへのシフトという流れの中で、HDD市場自体が縮小している。

 Western DigitalはSanDiskを傘下に収めることで、HDD、SSD、データセンター向けストレージ、フラッシュメモリの製品ラインを持つことになる。また、両社の特許を合わせると1万5000件以上になるという。

 Western Digitalに対しては9月下旬、中国政府系の半導体大手Tsinghua Unigroup(紫光集団)が株式の15%を取得し、37億8000万ドル出資すると発表している。

 買収完了後、SanDiskのサンジェイ・メーロトラ社長兼CEOはWestern Digitalの取締役に就任する見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -