ニュース
2015年10月26日 14時34分 UPDATE

ファミマ店舗間で荷物送れる「はこBOON mini」スタート 送料500円から 発送も受け取りも店舗で

全国のファミマ店舗で商品の発送や受け取りが可能な「はこBOON mini」が、ヤフオク!ユーザー向けにスタート。コンビニの既存物流網を活用し、一般顧客の荷物を配送する「国内初」のサービスだ。

[ITmedia]

 伊藤忠商事とファミリーマートは、全国のファミリーマート(ファミマ)店舗で一般顧客が商品を発送したり受け取ったりできる店舗間配送サービス「はこBOON mini」(はこブーン ミニ)を10月27日にスタートする。コンビニの既存物流網を活用したサービスで、まずヤフーが運営する「ヤフオク!」の商品発送・受け取りでサービスを開始。来春以降、ヤフオク!ユーザー以外の荷物の配送受付にも順次拡大する。

画像 サービス概要
画像 料金表(税込)

 全国のファミマ約1万1500店舗に荷物を持ち込んで発送し、受け取りもファミマでできるサービス。発送の際は名前や住所などの個人情報を記入する必要がない。

 配送できるのは45×35センチの専用袋に入るサイズの荷物で、料金(税込)はエリアに応じて500円、600円、700円、1000円の4種類。コンビニの既存物流網の空きスペースを活用することで通常の配送方法より安価に抑えた。

 荷物を発送する際は、(1)近くのファミマ店頭で専用袋(無料)を入手、(2)ネットで配送申し込み・送料支払い手続きを行い、発送用受付番号を入手、(3)専用袋に発送する荷物を入れ、ファミマ店舗に持ち込む、(4)店頭端末「Famiポート」で発送用受付番号を入力し、荷物のバーコードをスキャンして申込券を発券、(5)レジで荷物の発送手続きを行う――という流れ。

 荷物を受け取る際は、(1)メールで受取用受付番号とパスワードを受領、(2)受取店舗に指定したファミマに来店、(3)Famiポートで受付番号の入力と申込券を発券、(4)レジにて荷物の受け取る――という流れとなる。

 コンビニの既存物流網を活用する店舗間配送サービスの本格展開は国内初という。受取人不在による再配達防止と既存物流網の積極活用で、CO2削減や配送ドライバーの人手不足という問題解決にもつながるとしている。

 伊藤忠とファミマはこれまで、ファミマで荷物を受け付け、ヤマト運輸が配送する「はこBOON」をヤフオク!ユーザーなど向けに提供してきた。はこBOON miniは「コンビニで荷物を受け取りたい」という強い要望を受けて検討した結果、実現したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -