ニュース
2015年10月27日 11時41分 UPDATE

ソニックブーム低減を実証、コンコルドなら半減 JAXAが超音速飛行試験で確認

JAXAが超音速機の飛行試験でソニックブーム低減を実証。コンコルドに適用すれば半減できるという。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月27日、7月に実施した超音速機の飛行試験で、超音速飛行時に爆音を発生させる現象「ソニックブーム」を低減させることを実証できたと発表した。仮に超音速旅客機「コンコルド」に適用した場合、ソニックブームを半減できるという。

photo 試験の様子=JAXAのニュースリリースより
photo 低ソニックブーム設計による超音速試験機

 飛行試験は、低ソニックブーム設計概念の実証を目指す「D-SENDプロジェクト」の一環として、7月24日にスウェーデンで実施した。試験機を気球で高度30キロまで浮上させた後に切り離し、落下速度によって超音速に到達。マッハ約1.3、角度50度でダイブさせた。

 その際に起きたソニックブームを計測したところ、低減できていることを確認した。機体が安定した飛行状態で、先端と後端のソニックブームを同時に低減することを実証したのは世界初という。50人規模の小型超音速旅客機に適用すれば、コンコルドの4分の1に減らすことができるとしている。

photo 低減効果を確認した

 ソニックブームは、超音速飛行時に機体が発生する衝撃波が結合し、落雷のような爆音を発生させる現象。コンコルドの超音速飛行は、ソニックブーム対策もあって海上の高空のみに限定されていた。次世代超音速旅客機の開発にはソニックブーム低減が最重要課題になっており、JAXAの設計と取得データが貢献できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -