ニュース
2015年11月10日 14時36分 UPDATE

ソニー、ベータビデオカセットを来年3月で出荷終了 マイクロMVも

ソニーが来年3月をもって、ベータビデオカセットとマイクロMVカセットの出荷を終了すると発表した。

[ITmedia]

 ソニーは11月10日、ベータビデオカセットとマイクロMVカセットの出荷を来年3月で終了すると発表した。ベータマックス、マイクロMVフォーマットの記録メディアはすべて出荷終了となる。

photo ベータビデオカセット「EL-500B」「500MHGB」
photo マイクロMVカセット「MGR60」

 ベータビデオカセットは、家庭用のビデオ記録用途に向け開発した磁気テープ記録方式「ベータマックスフォーマット」の記録メディア。1975年に「K-60」(60分用)、「K-30」(30分用)を発売以来、40年間生産を続け、ピーク時の1984年度には年間約5000万巻を出荷した。

photo ベータビデオカセット「K-60」

 ベータマックス対応のビデオテープレコーダー機器は、2002年にすでに生産を終了。カセットの販売は継続したが、アナログ地上波放送の終了や、需要の推移などの市場状況を鑑みて出荷を終えるという。

 マイクロMVカセットは、デジタルビデオカメラの記録方式「マイクロMVフォーマット」の記録用テープメディア。2001年から発売したマイクロEVカセット方式のビデオカメラ機器は、2005年に生産を終了しており、同じくカセットも市場状況から販売終了を決めた。

 これにより、同社におけるベータマックス、マイクロMVフォーマットの記録メディアは全商品出荷を終了する。需要状況によっては予定時期以前に終了するという。

出荷終了となる記録メディア

【ベータビデオカセット】

  • EL-500B
  • 2L-500MHGB
  • 2L-750MHGB
  • L-25CLP(ベータビデオ用クリーニングテープ)

【マイクロMVカセット】

  • MGR60
  • MGRCLD(マイクロMV用クリーニングテープ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -