ニュース
2015年11月11日 09時18分 UPDATE

Google Chrome、「Windows XP」や「OS X Mountain Lion」などのサポートを2016年3月末に終了へ

Googleが、Chromeブラウザでの旧OSのサポート(セキュリティを含むアップデート)を2016年3月末で終了する。対象となるOSは米Microsoftの「Windows XP」「Windows Vista」および米Appleの「Mac OS X 10.6(Snow Leopard)」「同10.7(Lion)」「同10.8(Mountain Lion)」だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月10日(現地時間)、Chromeブラウザでのサポートを終了するOSを発表した。米Microsoftの「Windows XP」「Windows Vista」および米Appleの「Mac OS X 10.6(Snow Leopard)」「同10.7(Lion)」「同10.8(Mountain Lion)」のサポートは、2016年3月末に終了する。

 4月からはこれらのOSへのセキュリティパッチを含むアップデートを提供しない。

 Windows XPについては、同社は当初(2013年10月)に2015年4月にサポートを終了するとしていたが、Microsoftがサポートを終了した後も2015年内はサポートを続けると発表している。今回さらに4カ月延長することになる。

 Appleは旧版OSのサポート終了について明確に発表していないが、Googleは公式ブログで上記のOSを「MicrosoftとAppleが既にサポートしていないプラットフォーム」とし、これらを使い続けているユーザーに対し、サポートされている新しいOSにアップグレードすることを勧めている。

 chrome 1 MicrosoftによるWindowsのサポートライフサイクル

 なお、MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」によるWindows XPおよびVistaのサポートは終了しており、XPではIE 8まで、VistaではIE 9までしか使えない。

 米分析会社Net Applicationsが毎月発表している世界OS市場のバージョン別シェアによると、10月時点でWindows XPのシェアは11.68%。Mac OS 10.8以前のバージョンを足したシェアは1.26%だ。

 chrome 2 2015年10月の世界OS市場シェア(資料:Net Applications)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -